キミは、ヒーローだった。

ヒーローベータ

11月19日から
劇場広告
TV・WebCM
展開中

イントロダクション

Live2D CM Project 始動

Live2D――どんな2Dイラストでも描かれたままの質感を保ちながら、自在にイメージ通りの動きをつけることができる映像表現技術。

その技術を世に広めるため、魅力的な作品を世界中に送り出し続けるLive2D社所属のデザイナーチームである"Live2D Creative Studio"は、これまでに計3本のショートアニメーション作品をつくり上げてきました。

第1作目『The Lamp Man』では、Live2D表現の可動域の拡大に挑戦。絵本のような世界観がそのまま動き出す点が評価され、「第16回インディーズアニメフェスタ」でグランプリを受賞。

第2作目の『Beyond Creation』では、よりアニメーション利用としての幅を広げるためにしっかりした頭身のキャラクターを起用し、走りやスキップなどの大きなアクションに挑戦。動画投稿サイトYouTubeにアップされた本編映像は公開一か月を待たずして30万回再生を突破し、国内外問わず高評価を獲得しました。

そして今回第3作目となる『ヒーローベータ』では、イラストレーター“南野あき”氏がキャラクターデザインを務め、イラストそのものが持つ特徴的な配色や質感、線の表現をそのままに、前作よりも激しいアクションに挑戦しています。

今作一番の特徴は、短い制作期間で魅力的なシーンだけに注力するためのいいとこ取りな本編映像にあります。「映画予告風の作品をつくる」というコンセプトの今作では、映像を見た人が思わず続きを思い浮かべてしまう様な作品を目指しました。

本特設サイトでは、そんな『ヒーローベータ』の魅力を存分にお伝えするためのストーリー設定や制作資料、スタッフコメントを多数掲載しています。

数十秒という短い映像から、あなただけの『ヒーローベータ』の物語を想像してお楽しみください。

動画

ストーリー

オリンピック開催を間近に控えた令和元年、東京。
スカイツリーの近く、高層マンションと下町が入り混じる街並み。
そこで生まれ育った2人の高校生・栄斗えいと芽衣子めいこ

新たな進路、家庭環境、大事な人との別れ。
取り巻く環境の変化とともに、幼馴染みでいつも一緒だった2人の仲は次第に疎遠になっていく。

昔交わした、秘密の約束を胸のどこかにしまい込んだまま――。

新たな環境に馴染めず、居心地の悪い日々を過ごす栄斗。
その目の前に突然現れたのは、見慣れない出で立ちの少女。
しかしその顔は幼馴染の芽衣子にそっくりだった。

「パラレル……ワールド?」

平行世界パラレルワールドから来たという"もうひとりのメイコ"は、ふたつの世界を壊す引き金を引いたのが"もうひとりのエイト"であり、それを止められるのは栄斗だけであると助けを求めた。

本質イデア物質ウーシア、ふたつのカギを見つけなければ、銀河の共食いが始まってしまう」

交わるはずのない平行世界が交差する時、
あの日の約束を守るため、少年はヒーローになる。

キャラクター

現実世界
SCROLL

主人公(CV:内山昂輝)
世良田 栄斗

都内の私立高校に通う高校1年生。
周りの雑音を遮断するため、いつもヘッドホンをしている。小さな頃はよく笑うクラスの中心に居る様なタイプだったが、ある時からあまり感情を出さなくなった。疎遠にはなったが幼馴染の芽衣子のことは大切に想っている。

主人公(CV:花澤香菜)
梅島 芽衣子

都内の公立高校に通う高校1年生。
ふわふわしているように見えるが、芯は強いしっかり者。頼まれごとは断れないタイプだが、不器用なためそもそも頼られることが少なく、そんな自分を情けなく思っている。小さな頃のあるエピソードから栄斗のことをずっとヒーローのように想い、今でも慕っている。変なゆるキャラが好き。

キャラクター

パラレルワールド
SCROLL

主人公β(CV:内山昂輝)
エイト

パラレルワールドの"もうひとりのエイト"。
バイオテクノロジーによって細胞修復能力を得た最初のホモ・デウス。見た目は15歳くらいだが、実年齢は329歳である。平行世界を交差させ、銀河の共食いを引き起こそうとしている。目的のためなら手段を選ばない独善的な考えを持っている。昔は正義のヒーローに憧れていたという一面も。メイコとは同じスラム街の生まれで幼馴染の関係。

主人公β(CV:花澤香菜)
メイコ

パラレルワールドの"もうひとりのメイコ"。
細胞修復能力を得たホモ・デウス。年齢は329歳。中央政府に所属する軍人。お堅く真面目すぎるが故に、融通が利かない性格。周りからは強く見られがちだが、実は変なゆるキャラを好んだりと幼い一面を持っている。エイトとは幼馴染で、兄妹のように一緒に育った過去がある。銀河の共食いを引き起こそうとしている彼のことを今でも信じている。

コメント

監督 雲井 聖司

自分の中ではCMを作るという意識よりも実際に映画を作るような気持ちでいたので、そのパイロットムービーのつもりで制作していました。

南野さんのイラストレーターとしてのイマジネーションをいかに映像に反映させるかを考える作業は非常に刺激的で楽しかったです! イラストレーターさんのアイデアや表現力の純度を保ったまま映像化できるのがLive2Dでアニメを作る強みであり、楽しみであると強く実感しました。

Live2Dアニメーションはまだまだ未開拓で試していない表現に溢れているので、これからも新しい挑戦を続けていきたいです。

個人的にはこの作品にもっと続いてほしい!と思っているので、応援して頂ける声が多ければ偉い人が作らせてくれるかもしれません(笑)。

キャラクターデザイン 南野 あき

今回少しだけ原画も描かせていただいたのですが、いつも通りの感覚で描いたイラストがLive2Dの力によって生き生きとしたアニメーションになっていて感動しました! どのカットもパワフルだったり綺麗だったりとそれぞれがとても素敵で、特に涙が震えてキラッと零れ落ちる繊細なアニメーションがお気に入りです。

原案・キャラクターコンセプト 國定 みゆき

『ヒーローベータ』は、南野さんのイラストのテイストを損なわず、そのままに動かす事が1番の挑戦でした。

南野さんのイラストは、色使いやキャラクターのバランス、服装のセンス、画面の構成力など、とにかく一目でキュンとさせる強い魅力があり、言ってしまえば一目惚れでした。 オファーした際、今回の企画はあまりに挑戦的な内容なので、どんな反応がいただけるか不安でしたが、凄く面白そうと快諾いただけて本当に嬉しかったです!

ストーリー原案は、派手なアクションのあるSF的なものと、日常的なドラマ要素のあるもの、2つのコントラストが楽しめる作品にしたいなと思い、パラレルワールドという設定下での活劇を提案しました。

短い尺の中では伝わらないであろう細かな設定がそれぞれのキャラに実は用意してあり、南野さんが設定を汲んだ上で、さらに深みのあるキャラクターデザイン(エイトの延命装置やメイコの傷など)に仕上げて頂きました。
また、監督がそれを演出として昇華してくれたことで、それぞれの設定がジワっと滲み出すような、画面上での良いフレーバー要素になったと感じています。

プロデューサー 石川 源次郎

現在Live2D社は長編アニメーション映画制作にむけて表現や機能の研究、トライアル作品の制作など多様なチャレンジを行っており、本作もその中の一環となります。

今回、映画予告風にした理由は、ストーリーの繋がり等は無視して純粋に挑戦したいカット・ビジュアルに集中でき、比較的短期間で制作が可能であるからです。
従来Web中心のPR活動を行ってきたLive2Dですが、TVCMで放映することで、Webだけでは得られない広範囲からの反応を獲得することもこのプロジェクトの狙いのひとつになっています。

南野さんの独創的な世界観・イラストとLive2D Creative Studioによるコラボレーションによって生み出されたLive2Dアニメーションは、新しい表現の可能性を感じる仕上がりとなりました。

撮影監督 宮下 卓也

一部のLive2Dモデルの調整と、複数の素材を合成して1つの画に落とし込むコンポジット作業を主に担当しています。
私は作る側の立場ではありますが、上がってくる素材の完成度に毎回驚きを感じていました。
良いものはより良く魅せたくなるのがクリエイターの本能で、絵や素材の良さがより映えるように作業にも気合が入りました。
細部まで丁寧に作り込まれている作品なので、よく見ることで気付ける拘りが沢山あります。ぜひ何度も見返してみてください。
そして、Live2Dで制作するアニメーションに魅力を感じてもらえると嬉しいです。

原画監修 滝澤 初美

社内原画の監修を担当しました。
南野さんのイラストは、複雑な色相、木版画のような温かい質感、豊かな光と影の表現が魅力的です。
Live2Dはそういった絵そのものが持つ特徴を保持して、イラストをイラストのままアニメーションできるのが最大の魅力です。
そのため、イラストのレイヤー構造やテクスチャを損なわずLive2Dモデルに落とし込むための構造づくりは、大きな挑戦になりました。

Live2Dソフトウェア開発 稲田 修一

陰影表現に関する研究を経て、これまで色合成やマスクなどいくつかの機能を準備してきました。
それでも初めてキャラクターのイラストを見たとき、ブラシの質感を活かした南野さんならではの陰影表現に魅力を感じるとともに「これをLive2Dアニメーションで再現できるのだろうか……?」と一抹の不安も感じました。

しかしながら、Live2D Creative Studioのメンバーたちは出来たばかりの新機能をこちらの想定以上にフル活用し、イラストの繊細な表現のひとつひとつを見事に作品の中に盛り込んでいます。

プロのLive2Dクリエイターとしての「表現し切る」熱意を、栄斗と芽衣子たちを通して感じられる作品です。

Live2Dソフトウェア開発 今井 勇太

原画の質感を損なわないようにしつつ、Live2Dをよりダイナミックに動かす機能を開発してきました。
本作では、今までのLive2Dでは表現されたことのない""動き""が多数盛り込まれています。
キャラクターの躍動感、陰影の繊細な変化など是非注目してご覧になってください。
特に栄斗と芽衣子が手を握り合うシーンでは今までのLive2Dの枠組みを超える表現に仕上がりました。

本作『ヒーローベータ』は試験の一環も兼ねていて、新機能を多数盛り込んだ社内向けのLive2D Cubism Editorで制作されました。
これらの機能をいち早く皆様に使っていただけいるよう鋭意開発を続けていきます。

制作資料

3Dセット

監督
コメント

機械虫のデザイン画

監督
コメント

エイトの部屋のイメージボード

監督
コメント

銀河の共食いのイメージボード

監督
コメント

駆け抜けるカットのBG

監督
コメント

イメージの共有

スタッフ
コメント

監督
コメント

キャラ原画とレイアウト

監督
コメント

レイアウト兼カラースクリプト

スタッフ
コメント

監督
コメント

「ウソばっかり」

監督
コメント

どの絵で原画を描くか

監督
コメント

今作最難易度カット

スタッフ
コメント

監督
コメント

ラストカットのレイアウト

監督
コメント

Live2Dの技術

Live2Dは、どんな2Dイラストでも描かれたままの質感を保ちながら、自在にイメージ通りの動きをつけることができる映像表現技術です。
今作『ヒーローベータ』でも本編のほとんどにLive2Dの技術が用いられています。

「絵」そのものを繊細に、
立体的に動かす

よく3Dと比較されることが多いのですが、3Dは原画を元にモデルを起こすのに対して、Live2Dは原画をそのまま素材として扱えるため、その絵の持つ魅力をダイレクトに活かしながら立体的に表現することが可能です。
Live2Dの表現技術によって、描いた絵がイキイキと動くことで相乗効果が生まれ、作品に対しての想いをさらに強めてくれることでしょう。

立体的に動かす

『Live2D Cubism』による
メディア展開

製品『Live2D Cubism』によって制作されたLive2D作品の多くはライトノベルや2Dアニメ等の原作モノや、著名なイラストレーターによる原画を使ったものです。原画をそのまま使うことで、作品が持つイメージを大切にしたい作者やファンが満足するビジュアルに仕上がります。
さらに、1つのLive2Dモデルで、動画、アプリ、ゲーム等各種メディア展開することができるので、ビジュアルイメージの統一を実現します。

メディア展開

Live2D Cubism 製品サイトへ

Live2D Creative Studio
作品紹介

Beyond Creation

株式会社Live2D代表の中城がLive2D開発に込めた想いである、“描きたいように描き、動かしたいように動かす”というコンセプトをストレートに映像化したPV作品です。イラストがLive2Dで動き出すことで、絵描き自身の“創造”を超えて行ける。絵描きとLive2Dの関係性をそれぞれキャラクター化して表現しました。YouTube上では国内外を問わず6.2万件以上の高評価を得ています。

The Lamp Man

Live2D Creative Studioが制作した初のLive2D短編アニメーション作品です。臆病なランプの少年、ランプマンのとある波乱の一夜を描いた作品になっています。制作にはLive2D Cubismを使用し、ツールの主張を抑え“映像作品”としてどなたでも楽しめるような作りを目指しました。『第16回インディーズアニメフェスタ』でグランプリを受賞。

キャンペーン情報

ヒーローベータキャンペーン1
ハッシュタグキャンペーン「#わたしのヒーロー」!

ヒーローベータキャンペーン1 ハッシュタグキャンペーン「#わたしのヒーロー」!

ハッシュタグ「#わたしのヒーロー」をつけてあなたにとって最高のヒーローを自慢&紹介しよう!

開催期間

2019年11月20日(水) ~ 12月3日(火)23:59

プレゼント内容

ハイスペックノートPC「G-GEAR note N1588Jシリーズ」1名様
15.6型フルHD ノングレアIPS方式液晶/ 144Hz駆動、インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー、NVIDIA® GeForce RTX™ 2070、16GB DDR4 SODIMM (PC4-21300、8GBx2)、512GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)、Windows 10 Home
賞品提供:TSUKUMO

参加方法

  1. TwitterでLive2D公式アカウント @Live2D をフォロー
  2. 対象のハッシュタグ「#わたしのヒーロー」を付けて、あなたにとって1番のヒーローをツイートして教えてください!
  3. 応募完了!

キャンペーンに応募する


ヒーローベータキャンペーン2
「世良田 栄斗/エイト役:内山 昂輝さん サイン色紙」フォロー&RTキャンペーン!

ヒーローベータキャンペーン2 「世良田 栄斗/エイト役:内山 昂輝さん サイン色紙」フォロー&RTキャンペーン!

ヒーローベータキャンペーン3に同時参加すると当選確率がUP!
ハッシュタグ「#ヒーローベータ」で作品の感想をツイートするとさらに当選確率UP!!

開催期間

2019年11月20日(水) ~ 12月3日(火)23:59

プレゼント内容

「世良田 栄斗/エイト役:内山 昂輝さん サイン色紙」2名様

参加方法

  1. TwitterでLive2D公式アカウント @Live2D をフォロー
  2. 対象のツイートをリツイート
  3. 応募完了!
  4. TwitterでLive2D Creative Studioのアカウント @live2dcs で同時開催中の『ヒーローベータキャンペーン3「梅島 芽衣子/メイコ役:花澤香菜さん サイン色紙」フォロー&RTキャンペーン!』に参加いただくと当選確率がUP!
  5. ハッシュタグ「#ヒーローベータ」を付けて作品の感想をツイートすると当選確率さらにUP!!

キャンペーンに応募する


ヒーローベータキャンペーン3
「梅島 芽衣子/メイコ役:花澤香菜さん サイン色紙」フォロー&RTキャンペーン!

ヒーローベータキャンペーン3 「梅島 芽衣子/メイコ役:花澤香菜さん サイン色紙」フォロー&RTキャンペーン!

ヒーローベータキャンペーン2に同時参加すると当選確率がUP!
ハッシュタグ「#ヒーローベータ」で作品の感想をツイートするとさらに当選確率UP!!

開催期間

2019年11月20日(水) ~ 12月3日(火)23:59

プレゼント内容

「梅島 芽衣子/メイコ役:花澤香菜さん サイン色紙」2名様

参加方法

  1. TwitterでLive2D Creative StudioのTwitterアカウント @live2dcs をフォロー
  2. 対象のツイートをリツイート
  3. 応募完了!
  4. TwitterでLive2D公式アカウント @Live2D で同時開催中の『ヒーローベータキャンペーン2「世良田 栄斗/エイト役:内山 昂輝さん サイン色紙」フォロー&RTキャンペーン!』に参加いただくと当選確率がUP!
  5. ハッシュタグ「#ヒーローベータ」を付けて作品の感想をツイートすると当選確率さらにUP!!

キャンペーンに応募する


Wチャンスキャンペーン
その手で“すくえ!”「アイスクリームスプーン&ハーゲンダッツギフト券」プレゼント!

Wチャンスキャンペーン その手で“すくえ!”「アイスクリームスプーン&ハーゲンダッツギフト券」プレゼント!

ヒーローベータキャンペーン1~3のいずれかにご参加いただくと、「アイスクリームスプーン&ハーゲンダッツギフト券」が当たるチャンス!

応募対象期間

2019年11月20日(水) ~ 12月3日(火)23:59

プレゼント内容

「アイスクリームスプーン1本&ハーゲンダッツギフト券1枚」30名様
※ハーゲンダッツギフト券1枚でミニカップ/クリスピーサンド/バーのいずれか2個とお引き換え可能

参加方法

  1. 「ヒーローベータキャンペーン1~3」のいずれかに応募する
  2. 応募完了!

注意事項

  • すでにフォロー対象となるアカウント(Live2D公式Twitterアカウント及び、Live2D Creative Studio Twitterアカウント)をフォローされている方もご参加いただけます。
  • ハッシュタグが必要な場合は、記述にお間違えの無いようご注意ください。
  • キャンペーンの参加にリツイートが必要な場合は、公式リツイートボタンの機能をお使いください。
  • 引用リツイートはリツイートに含まれませんのでご注意ください。引用リツイートによるハッシュタグの利用は有効です。
  • 非公開Twitterアカウントの場合はリツイートとフォローを確認することができないため、応募対象外となります。
  • ヒーローベータキャンペーン2、3のフォロー&RTキャンペーンの当選確率UPの参加は任意となっています。両キャンペーンへの参加か、ハッシュタグを付けた作品感想ツイートのどちらか片方だけでも当選確率UPの対象となります。
  • フォロー&RTキャンペーンのプレゼントとなるサイン色紙各種は、いかなる場合にも営利目的の転売、他社への譲渡は固くお断り申し上げます。抽選へのご参加をもって、転売禁止に同意されたものとさせて頂きますので、予めご了承くださいませ。
  • 期間外に投稿された場合は応募対象外となります。
  • Twitterのダイレクトメールを受信拒否設定にしている場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
  • 今回のキャンペーンの当選対象者は日本国内にお住まいの方に限ります。ご了承ください。
  • ご当選をお伝えするダイレクトメッセージに対し、一週間の間にご返信が無い場合は当選を無効と致します。
  • ご当選の権利及びプレゼントのお品物は第三者への譲渡、または現金へのお引き換えはできません。
  • ご当選の際にアカウントを削除されている場合や、応募条件となる対象のアカウントのフォローを外されている場合は対象外となります。
  • 応募者が未成年者の場合、保護者の同意が必要です。また、応募があった時点で保護者の同意を得ているものとみなします。
  • その他、参加内容が第三者を傷つけたり、公序良俗に反するもの、Live2D社が不当と判断した場合は応募対象外となります。

Live2D一緒
アニメつくりませんか

Live2D社では、国内外のゲーム・アプリ等で多数利用されているLive2D技術の進化と、ANIPLEX社と共同でスタートしたLive2Dによる長編アニメーション映画の制作プロジェクトのため、開発体制のさらなる強化を目指しております。

Live2Dデザイナー/
プログラマ/プロジェクトマネージャー/
マーケティング etc…

採用情報を見る

クレジット

『ヒーローベータ』クレジット一覧